イボコラム 首イボの取り方

脇の下にできるイボの正体や原因について!セルフケアでイボを取る方法を徹底解説

更新日:

脇の下にイボが!なぜ?

首ではなく、首にできるようなイボと同じものが脇の下にできることもあります。

首や脇の下、脇腹は皮膚が薄くて柔らかい場所で、「摩擦」が起きやすい箇所になりますので、イボができやすい箇所になります。

イボができる原因は、老化現象の一つと言われていますが、比較的若い20代や30代の方でもできます。

イボと一口に言っても種類はさまざまで、人体に害を与えない良性のイボとウイルス性のイボ、体に良くないイボがあります。

今回は脇の下にできるイボになりますので、ウイルス性のイボや体に良くないイボの可能性は非常に低くなります。

しかし、脇の下にイボがあると見た目も非常に悪いし、ノースリーブなどの洋服を着る時に気になって仕方がありませんよね?

そこで今回は、脇の下にできるイボの正体や原因と、セルフケアでイボを取る方法について解説していきたいと思います。

>>イボをセルフケアで取る方法はこちら

▼脇の下のムダ毛処理は大丈夫ですか?今なら1,000円以下で脇毛の悩みから解放されます。
ワキ脱毛おすすめはココ!安い料金でもツルツル脇の下が手に入る

脇の下にできるイボの正体はなに?

脇の下にできるイボの正体は、「アクロコルドン」と言うイボになります。

アクロコルドンとは、脇の下や首元等の比較的皮膚の柔らかい箇所にできるイボで、良性のイボになりますので人体に害はありません。

脇の下にできるアクロコルドンの特徴

アクロコルドンの特徴は、肌色もしくは茶褐色で「1~3mm」程度の大きさの比較的小さなイボになります。

30代以降の女性に多くできるイボで、痛みや痒みを伴わなため発見が遅れやすいイボになります。

また、アクロコルドンは一つできると複数できる特徴がありますので、数が少ない内に早めに取り除くことをおすすめします。

アクロコルドンをセルフケアで取る方法は後ほどご紹介したいと思いますので参考にしてください。

アクロコルドンは脇の下だけではなく、首元やデコルテ等にできるイボで良性のイボになりますので人体への害はありません。

基本的に痛みやかゆみと言った目立った症状はないのですが、ネックレス等でひっかけたりすると炎症を引き起こして痛みや痒みを感じる場合もあります。

脇の下にできるアクロコルドンの特徴

アクロコルドンの症状をまとめますと、

  • 30代以降の女性にできやすい
  • イボの中でも一番小さいサイズで1~3mm程度
  • 小さくて目立たないけど多発しやすい
  • 放置していると徐々に数が増えて行く
  • 突起があまり大きくなく平らで柔らかい
  • 肌色や茶褐色をしている
  • 痛みや痒みのような症状はない
  • 場所によっては摩擦や汗で痒み・痛みを感じる
  • 引っかかって擦れてしまうと炎症を引き起こして痛みを伴う

になります。

ではなぜ、脇の下にアクロコルドンができてしまうのでしょうか?

脇の下にアクロコルドンができる原因と対処法

脇の下にアクロコルドンができる主な原因は、

  • 摩擦
  • 紫外線
  • 乾燥肌
  • ターンオーバーの停滞
  • ムダ毛処理による肌への刺激

になります。

アクロコルドンの正体は「古くなった角質が肌内部に留まり突起した角質粒」になります。

つまり、加齢と共に肌のターンオーバーが停滞し始めて、本来排出されるはずの古い角質が肌内部に留まることがアクロコルドンができる原因なのです。

また、紫外線による肌へのダメージ、乾燥肌、摩擦などもアクロコルドンができる大きな原因になります。

紫外線対策を徹底し、肌への摩擦を防止するために密着度の少ない洋服を着るようにしましょう。

乾燥肌の方は、しっかりと保湿ケアして肌が乾燥しないように注意してください。

アクロコルドンは老化現象の一つと言われ、比較的更年期を過ぎた女性にできやすいのですが、若い女性でも脇の下や首元にアクロコルドンができることがあります。

若いのにアクロコルドンができやすい人の特徴は、「乾燥肌・色白・肌質が柔らかい」になります。

それから、女性の場合は脇の下の毛をカミソリで剃毛したり、毛抜きで抜いたりすると思いますが、ムダ毛処理による刺激も脇の下にイボができてしまう原因になりますので要注意です。

要するに脇の下にイボができるのを防ぐためには、脇の下に刺激を与えないように注意する必要があると言うことです。

最近は、ワキ脱毛が比較的安い料金でできますので、時間がある方は脇毛の処理を自己処理からサロンでの処理に変更するようにしましょう。

「ミュゼプラチナム」でしたら、サロンが全国にあり、たった100円で両ワキの脱毛が無制限でできますのでおすすめです。

>>ミュゼプラチナムの公式サイトで詳細をチェックしてみる

脇の下にできるアクロコルドンを放置するとどうなるの?

脇の下や首元にできるアクロコルドンは、人体に害を与えないイボになりますので放置していても特に問題はありません。

ただし、アクロコルドンは大きく成長しますし、数が増えやすいイボになりますので、なるべく早めに取り除くことをおすすめします。

アクロコルドンは、老人性イボの中では比較的小さいイボで、大きさは1~3mm程度になります。

しかし、アクロコルドンを放置して大きくなってくると「軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)」へと成長し、大きさは5mm以上にもなります。

すると、見た目が悪いだけではなく、痛みや痒みは無いのですが脇の下に違和感を感じるようになります。

そのため、アクロコルドンが脇の下にできている場合は、早めに取り除くことをおすすめします。

皮膚科や外科で液体窒素もしくは炭酸ガスレーザーによる除去を行ていますが、保険適用外で費用が高いことと痛みを感じること、またイボを除去した後も消毒などで通院する必要があります。

しかし、アクロコルドンの場合は、わざわざ皮膚科で除去してもらわなくても、セルフケアで取り除くことができるのです。

脇の下にできるイボ「懸垂性線維腫」は手術が必要

アクロコルドンは、セルフケアで除去できますが、「懸垂性線維腫」と呼ばれるイボの場合はセルフケアでは取り除くことができないので手術が必要になります。

懸垂性線維腫とは、「1~2cm」程の大きさのイボで、皮膚から垂れ下がるような状態で突出しています。

懸垂性線維腫もアクロコルドンと同様に良性のイボになりますので、痛みや痒みを感じることはありませんし、人体に害はありません。

ただし、イボを取る場合は手術が必要になりますので早めに病院に相談するようにしましょう。

脇の下のイボはセルフケアで取れるの!?

脇の下のイボは知らない間にでき、知らない間に成長しています。

そのため、なかなか予防対策が難しくなります。

気づいた時には脇の下にアクロコルドンや軟性繊維種ができていたと言う場合がほとんどだと思いますので、予防対策を考えることも再発防止に繋がりますので必要ではありますが、まずは脇の下に今あるいぼを取ることを先に考えましょう。

脇の下にできたイボを取るには、皮膚科や外科で手術をする方法と自宅でかんたんにできるセルフケアで取る方法があります。

ただし、上記でも言いましたが、セルフケアで取れるイボはアクロコルドン(老人性イボ・スキンタッグ)や軟性繊維種までで、懸垂性繊維種やウイルス性イボ、体に良くないイボに関しましては病院での手術が必須になりますのでご注意ください。

それでは、脇の下のイボをセルフケアで取る方法について解説していきたいと思います。

脇の下のイボをセルフケアで取る方法

脇の下にできるイボの主な種類は「アクロコルドン・老人性イボ・スキンタッグ・軟性繊維種」の4つになります。

もちろん。ウイルス性イボや体に良くないイボ、懸垂性繊維種などもできますが稀です。

上記4つの内いずれかのイボが脇の下にできた場合にセルフケアで取る方法をご紹介していきたいと思います。

まず、セルフケアでイボを取るためには、イボに効果的な成分がポイントとなります。

当サイトのメインテーマである首イボを取る場合も同じですが、イボには昔から「ヨクイニン(ハトムギ)」が効果があると言われており、その効果は現代でも健在なのです。

ヨクイニンはイボ取り効果が最も高い成分で、漢方薬の一種になります。

イボを取る場合は、このヨクイニンを直接患部に塗布するか、漢方薬として内服するかのいずれかになりますが、イボの場合は直接患部にヨクイニンを塗る方が効果が高くなります。

早く治したい場合は、体の内側からと外側からの両方でケアする方が圧倒的に治りが早くなります。

ヨクイニンの効果は、「肌のターンオーバー促進」になりますので、無理なく脇の下のイボを取り除くことができるのです。

初めに言いましたが、いぼの正体は古い角質が蓄積され突出した角質粒になりますので、ターンオーバーを促進させてあげることでイボは自然にぽろっと取れるのです。

また、イボができる原因の一つに「乾燥肌」もありますので、イボケアには徹底した保湿ケアが重要になってきます。

ヨクイニンは薬ではないので、即効性はありませんが、脇の下のイボを痛みなく、しかも傷跡も残らないようにきれいに取ることができるのです。

では、ヨクイニンはどこで手に入れればいいの?と疑問になると思いますが、イボ専用のクリーム(オールインワンジェル)が最も手軽で便利になります。

イボ専用のクリームには、イボ取り効果の高い「ヨクイニン・ハトムギ・杏」などの成分と、肌に良い効果や保湿効果の高い「プラセンタ・ビタミンC誘導体・ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド」などの成分等が同時に配合されていますので、1つでイボケアと同時にスキンケアや保湿ケアもできるのです。

>>イボ取りに効果的なヨクイニン配合のイボ専用クリームおすすめ

首イボが取れるヨクイニン(ハトムギ)の効果とは?おすすめのイボケア商品のご紹介

多くの女性が悩む「首イボ」ですが、ヨクイニンと言う成分で首イボが取れるって知っていましたか? ヨクイニンは首イボだけではなくデコルテや脇の下、目元にできるポツポツなど、イボ全般に最適で、皮膚科でも処方 ...

続きを見る

ドラッグストアで買える首イボ用のクリームや市販薬について

気が付いたら首に小さなポツポツが!? その正体は「首イボ」と言って、良性のイボになります。 良性のイボなので放置していても体に悪い影響は無いのですが、少しずつ大きくなって5mm以上の大きさになるとセル ...

続きを見る

まとめ

脇の下にできるイボは、老化現象の一つと言われておりますが、肌質や生活習慣によっては比較的若い世代の方にもできてしまいます。

脇の下にできたイボは、セルフケアでも取ることができますが、上記で紹介しました一部のイボは病院での手術が必要になります。

そのため、まずは自分の脇の下にできているイボの種類を特定することがポイントとなります。

いぼの種類については以下の記事で紹介していますので参考にしてみてください。

首イボの取り方をご紹介!首やデコルテにできたイボのセルフケア方法

気がついたらいつの間にか首筋やデコルテに小さなイボができていると言うことが良くあります。 首やデコルテは露出度が高い部分になりますので、気になって仕方がありません・・・ そんな厄介な首イボやデコルテに ...

続きを見る

-イボコラム, 首イボの取り方
-, , , , , , , ,

Copyright© 首イボ取り方navi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.