昭和の坩堝

17015809_1328999707142997_6138481112417126671_o夢見る乙女も毛穴全開。今年もやります昭和の坩堝。

4月29日は昭和の日。60、70年代のレトロでポップで活気溢れるカルチャーが1日だけ再現されるお祭りです
今年はピカデリーホールを中心に数々のコンテンツで朝から晩までお楽しみ頂けます。
出店、出演、フリマ等のお問いあわせは下記事務局またはMessageで、お手伝いスタッフもどんどん募集してます。

◎時間:昼の部(出展)12:00-16:30
夜の部 (ライブ)17:00-22:00
◎料金:前売り2500円 当日3000円
◎場所:ピカデリーホール

◉昼の部:ピカデリーホール内
・お昼過ぎ開場(入場無料)

↓出店店舗一覧↓
音楽喫茶something tender
ヤマベボッサ
古本とコーヒーbooks 電線の鳥
ヘアスタイリング ニチカヘア
似顔絵まゆちゃん
昭和のシルクスクリーンワークショップ
雑誌と服 scrutiny

◎同日開催:昭和の語り部シリーズ第2弾〜青春oh!モーレツ〜
時間:14:30-15:30
会場:Van cafe House(松本市大手4−3−19 縄手通りKento’s ビル)TEL : 0263886066
入場料:無料(お食事かドリンクのオーダーをお願いします)
内容:縄手通りVanカフェオーナーの昭和体験記。ツイッギーで始まった青春のお話を聞きましょう。

◉夜の部:ピカデリーホール
・16時半開場、17時開演
・入場:前売り2500円 当日3000円

↓出演者&コンテンツ一覧↓
渚ようこLIVE
チャーリー坂本LIVE
アミ&ムカミ&サトヤLIVE
Swinging Matsumoto 2017 Fashion Show
ナワテドールのディスコタイム
小ネタの時間(監修:湯浅学)
昭和の傑作CM集

企画、運営 昭和の坩堝実行委員会
お問い合わせ ゲストハウス東家 070-1379-8080

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です