サクラロジック旗揚げ公演『DREAMER』 ~地下に咲く群青色の夢~

 

学生演劇集団ユニット サクラロジックは

8月7日(日)・8日(月)の2日間

信濃ギャラリーで旗揚げ公演を行う。

 

県内の高校演劇部の学生がユニットを組み、学校の枠を飛び越え

作品を上演するという大変興味深い企画。

作・演出を手掛ける 高山拓海(松本蟻ケ崎高校)、薮田凜(上田染谷丘高校)に

この公演に至る経緯、作品に込める想い、見どころを聞いた。

 

 

もともと二人で組んでやりたいと話していたら、話を聞いた県内の高校演劇の仲間がどんどん集まってきてくれた。

この作品は今回の為の書き下ろし。

僕たちは高校3年生で、これからの進路も決めなきゃいけないぎりぎりの時期。

大人と子供の瀬戸際である自分たちの世代を投影した作品。

 

「子供」としての最後あがき 大人への「反抗」、「挑戦」がテーマになっている。

 

その対象である大人に、自分たちだっていつかはならなきゃいけない。

そういった葛藤を抱える同年代にはぜひ見てもらいたいし

大人にも見て、知ってもらいたい。

 

今回の芝居作りを通して、逆に

「子供ってやっぱり無力だな」とか

「大人ってスゴイなぁ」、「子供で良かった」

と感じた事もあり、自分達なりに成長させてもらった。

 

大人の人には自分たちが過ごした青春時代を懐かしんでもらい、

また、同世代の人たちには等身大の心情を楽しんでもらいたい。

それによって演劇って面白いなと思ってもらえれば最高です。

 

学生演劇集団ユニット サクラロジック 旗揚げ公演『DREAMER ~地下に咲く群青色の夢~』

 

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です