【劇評】HOME『イエロー・テアトル』 ピカデリーショートミュージアムより

ピカデリー・ショート・ミュージアム in 2016 サマー

 

今年で3回目を迎える、短編演劇祭。

今年は4つの短編演劇と特別公演と銘打って高校演劇が1公演行われた。

 

このピカデリー・ショート・ミュージアムは、秋の「まつもと演劇祭」と並んで小劇場演劇の二大祭典ともいえるイベントである。

当地区で活躍している劇団のみならず、長野や上田の劇団、ユニットが参加して30分という短い公演時間を使って精一杯表現しようという試み。

 

HOME「イエロー・テアトル」

 

出演団体中、劇団員のみで構成された団体はここだけ。

廃館となる「劇場」を舞台に、そこに集った人々の想いと情熱のやり場を描く。
こんな舞台を見ると演劇の力と言うか、その切先を感じる。

描き方はありがちで平凡ともいえるが情熱や思いが純粋に伝わってくる舞台だった。

yellow01

yellow04

役者では小屋主を演じた米山タカマサが良い。

青春から老人となる過程を劇場に現れる人々に合わせて成長していくさまを丁寧に演じていた。

yellow02

yellow03

 

(ピカデリーホール客席より)

 

【作品名】HOME『イエロー・テアトル』 (ピカデリー・ショート・ミュージアム2016サマー)

【上演日】2016年7月17日

【脚本】如月ジロー

【演出】神戸カナ

【キャスト】あきの、あゆみ、KOTO、彪我、米山タカマサ、りの

【上演時間】30分

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です