【劇評】幻想劇場◎経帷子+たまゆら『ヴァアッジオ』 ピカデリーショートミュージアムより

ピカデリー・ショート・ミュージアム in 2016 サマー

 

今年で3回目を迎える、短編演劇祭。

今年は4つの短編演劇と特別公演と銘打って高校演劇が1公演行われた。

 

このピカデリー・ショート・ミュージアムは、秋の「まつもと演劇祭」と並んで小劇場演劇の二大祭典ともいえるイベントである。

当地区で活躍している劇団のみならず、長野や上田の劇団、ユニットが参加して30分という短い公演時間を使って精一杯表現しようという試み。

 

今回は「幻想劇場◎経帷子+たまゆら」

 

朗読劇と芝居の合体ユニット。

内容はごぞんじ宮沢賢治「銀河鉄道の夜」そのまま短縮バージョン。

PSMには第一回からの常連団体。朗読ははりけん。

しかし今回は役者が降板、途中で役者も兼ねていたようだ。

01

 

全般的に散漫であると同時に未完成。

朗読もあまり効果的に感じなかった。

02

 

この有名なお話を短縮バージョンとは言え、30分で見せようとした努力は買うのだが、カンパネルラを女の子とするなどの難しい改編はほとんど効果をなしていない。

主人公ジョバンニを演じた草間正樹はどうみても30代半ばのいわゆるオヤジ。

対するカンパネルラの木村真美は、衣装からみて女子高生。

なんとも不釣り合いな二人が「僕たち永遠に友達だよね」と言うセリフには違和感以上の変態性を感じた。

05

果たしてそれが演出意図だったのか?どうみても微妙だった。

照明を利用した銀河鉄道の演出はわかり易く、好感が持てる。

03

04

 

(ピカデリーホール客席より)

 

 

【作品名】幻想劇場◎経帷子+たまゆら『ヴァアッジオ』 (ピカデリー・ショート・ミュージアム2016サマー)

【上演日】2016年7月17日

【原作】宮沢賢治「銀河鉄道の夜」

【脚本】南海千華

【演出】廣田謙一、はりけん

【キャスト】はりけん、由音、木村真美、草間正樹、家田典和

【上演時間】30分

 

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です