演劇裁縫室ミシン 第18回公演 『ドーナツと残像』

mishin_omote
とある地方都市の高校。

ぱっとしない学校。ぱっとしない生徒の集う、ぱっとしない写真部。

部室には酢酸とコーラの匂い。

夏のある日、

ふとしたことから開いてしまう彼らの傷口と、些細な秘密。そして残像。

演劇裁縫室ミシンが、

旗揚げ以来の上演となるハイスクール・ナンセンス・コメディを、

12年の時を経て再演。

mishin_ura

【公演Info】

2016年

5月28日(土)14:00~/20:00~

5月29日(日)11:00~/14:00~

ピカデリーホール

作・演出/岩崎 佳弘

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です